.

〜生態系治療〜

生き物は、つながりあって生きています、一つの輪(Circle・サークル)のように。
単独で存在するのではなく、「生命の集合体」として生きています。
大切なのは、多様性とバランス。その核心に、愛があって一つになっているということ。
私は、人も社会も自然界もそうであると思っています。
自然界には自然生態系という生命の繋がりがあり、人の中には(腸内細菌との)内なる生態系があります。
この共生関係の交流と循環が円滑に行われることにより、「動的平衡」は保たれ、健康は維持されてゆくのです。
このような観点から、栄養療法、腸内環境(腸活・菌活)、生態系治療を考えてゆきたいと思います。
やがてそれは、人の体の中だけの話ではなく、社会の在り方や、自然生態系の中にある農業(自然農法)、
地球環境へと広がってゆくことでしょう。
生命の繋がりは、地球環境問題解決の鍵となることだからです。

 はじめに 「ぐる〜り生態系治療」

※ 時系列で、古い順から読んでいただけると、今に至る経緯が分かりやすいです。

 

 「分子栄養学」を知って健康を自主管理しよう 2019.1.26

 発達障害に対する栄養療法 2019.3.1

 脳の栄養と発達 2019.3.30

 5万分の1mmのドラマ 2019.5.12

 パーフェクトコーディングを目指して 2019.6.23

 バイオメディカルによる自閉症治療の可能性 2019.10.14

 移動式循環システム 2020.1.12

 土壌菌健康法 2020.4.18

 10% HUMAN」が意味するもの 2020.5.31

 私たちは共に進化する 2020.7.1

 「一つである」ということ 2020.10.10

 私が私であるために・・・ 2020.11.22

 発達障害と5つのハードル 2021.5.15 


. 分子栄養学とオーソモレキュラーの本

「分子生物学からバイオメディカルへ」 関連書籍.U

「生命の素材と腸内細菌」 関連書籍.V